桧沢岳

山 名 桧沢岳
標 高 1133m
山 域 北関東(群馬県)   
地図表示
Google Map 2DルートMap 3DルートMap
日 程 2014年9月27日(土)
天 気 曇りのち晴れ
メンバー 神楽師、息子
標高差 402m(累計標高差:472m)
歩行距離 3.1Km
歩行時間 2時間20分
駐車場 無料
   
   
一般道距離 往路:39Km 帰路:50Km
高速道距離 往路:47Km 帰路:47Km
高速道料金 往路:990円
 (ETC割引)
帰路:990円
 (ETC割引)
行程

自宅(6:30)→伊勢崎IC→下仁田IC→(8:45)桧沢岳登山口(9:05)→(10:25)西峰→(10:35)桧沢岳(10:45)→(10:55)桧沢岳神社→(11:05)好展望の岩→(11:55)登山口(12:10)→千歳屋→道の駅オアシスなんもく→(13:20)黒瀧山不動寺(13:50)→道の駅しもにた→下仁田IC→藤岡PA→伊勢崎IC→(16:10)自宅

【往路】 南牧村は群馬県の南西にあり桐生から離れてはいますが、前回の八間山とは違い高速道路での移動が可能なのでそれ程遠くは感じません。伊勢崎ICから下仁田ICまで高速で走り、そこからは一般道を約19Km走ります。桧沢岳近くの大森橋を渡るとT字路に突き当たり、ガイドブックではこのT字路付近が広くなっているので車を止められると書いてありました。でも今回はその先まで行ってしまいました。

【8:45】 桧沢岳登山口場到着
登山口の手前まで車で行ってみると、行き止まりの所に何台かの駐車スペースはありますした。でもこの辺で作業している様な雰囲気があったのと、地元の方用らしいのでここは遠慮しました。
そこから少し戻った所の左上に桧沢浄水場があり、その門の前にスペースがあります。門には鎖が掛かっていて、土曜日なので出入りも無いだろうと思いここに止めさせてもらいました。この時点で登山口付近や大森橋付近には車は無く、まだ山に登っている人はいない様でした。

【9:05】 登山開始
どこから登ればいいのか分からなかったので、行き止まりの駐車スペースの横を登って見ます。するとそこから左に行く道があったので更に登ると、住んでいる形跡のない民家の庭を横切る事になりました。

登山口近くの駐車スペース?
登山口近くの駐車スペース?

登山口への入口?
登山口への入口?

住んで居ないと思われる民家の庭を横切る
住んで居ないと思われる民家の庭を横切る

発泡スチロールに書かれた登山道の看板
発泡スチロールに書かれた登山道の看板

このリボンを目印に登ります
このリボンを目印に登ります

山腹の登山道
山腹の登山道

民家の庭を横切って少し行くと、発泡スチロールにマジックインキで書かれた登山道の看板が木に掛けてありました。この道で間違いないと思いそのまま進みます。
桧沢岳の登山道は所々分かり辛くなっていて、リボンを目印に登る必要があります。地元の人が通る道もある様で、ウッカリしていると全く違う所へ行ってしまう可能性もあるので注意が必要です。
最初は山腹を斜めに歩く登山道で、少し行くと尾根道に変わります。傾斜は徐々にきつくなり、大きい石も露出して歩き辛くなってきます。
急登が暫く続いた後は、徐々に傾斜は緩やかになってきます。所々分岐の様な場所があるので、その度にリボンを見付けて進む方向を確認します。逆にリボンばかり気にしていると足元の確認が疎かになるので注意しなくてはなりません。実際リボンを見つけながら歩いていたら、実は左側が大きく切れ落ちた所だったという事がありました。

尾根の急登が続きます
尾根の急登が続きます

若干傾斜が緩やかに
若干傾斜が緩やかに

大ツガを過ぎたら左へ
大ツガを過ぎたら左へ

片側が切れ落ちた細い登山道
片側が切れ落ちた細い登山道

龍徳不違天がある展望の良い岩
龍徳不違天がある展望の良い岩

龍徳不違天からの展望
龍徳不違天からの展望

【10:05】 龍徳不違天の岩
大きなツガの木を過ぎて急登を少し登ると、「龍徳不違天」の小碑が建つ展望の良い岩の上に出ます。ここからは西側の展望が良く、雲が切れ青空が見え始めた事もあり、遠くまで見渡せるようになってきました。上には西峰らしき岩が見え、頂上はもう少しという感じです。

龍徳不違天からの展望
龍徳不違天からの展望

龍徳不違天からのパノラマ展望
龍徳不違天からのパノラマ展望

山頂直下鞍部の岩
山頂直下鞍部の岩

鞍部から西峰への岩登り
鞍部から西峰への岩登り

西峰頂上
西峰頂上

龍徳不違天から少し登ると山頂直下の鞍部に出ます。大きな岩で右が山頂、左が西峰へ続いています。ここは岩登りになる為注意が必要ですが、ロープが掛けてあるのでこれを使えば大丈夫です。
ここから山頂へ行く前に西峰へ向います。

【10:25】 西峰到着
鞍部から岩を少し登ると西峰です。上は平らで意外と広く石の祠が建っています。ここも展望が非常に良く、下を見ると先程登り始めた登山口付近が見えていました。
北側は木が茂っていて余り見えませんでしたが、妙義山方面は高い枝が無く少し見えていました。

西峰から登山口付近の展望
西峰から登山口付近の展望

西峰から妙義山方面の展望
西峰から妙義山方面の展望

鞍部から山頂への岩登り
鞍部から山頂への岩登り

山頂手前の急登
山頂手前の急登

西峰から一旦鞍部に戻り反対側の岩を登ります。岩に少し隙間がありますが、ロープを持ってゆっくり跨げば危険ではありません。この辺の岩場が、この山で一番注意しなければならない所でした。
この先は足場の悪い急登があり、そこを登りきると山頂です。

【10:35】 桧沢岳山頂到着
桧沢岳の山頂は、西峰に比べると狭いです。奥には愛宕神社の社がありましたので、無事に登頂した事を感謝と下山時の安全を祈願しました。山頂の周りは低い木が生茂っていて展望はそれ程良くありません。ゆっくり休むいう感じの場所では無かったので、早々に下山をする事にしました。

狭い桧沢岳山頂
狭い桧沢岳山頂

山頂の愛宕神社
山頂の愛宕神社

山頂からの展望は北側の一部のみ
山頂からの展望は北側の一部のみ

下山は社の裏へ
下山は社の裏へ

こちらは登山道が更に分かり辛い
こちらは登山道が更に分かり辛い

岩の下にある桧沢神社
岩の下にある桧沢神社

【10:45】 下山開始
下山は登って来た道とは逆で、社の裏側の東方面へ行く事にしました。下り始めて少しの間は落ち葉が多い為、踏み跡もハッキリせず道が分かり辛くなっています。山頂から少し下ると右に入る所があるのですが、リボンをウッカリ見落としてしまい十メートル位そのまま行ってしまいました。道が険しくなってリボンも見当たらなくなったので、おかしいと思い戻ったらやはり間違いでした。
正規の道に戻り右へ折れ岩を巻く様に下って行くと、岩の下に桧沢神社があります。お籠り堂とも呼ばれているらしく、何かの修行に使われていたのでしょうか。
そこから少し下って尾根を行くと、見晴らしの良い岩に出ます。標高が少し下がったので南側は近くの山しか見えませんが、北側は遠くに妙義山がハッキリ見えていました。

展望の良い岩より北側の景観
展望の良い岩より北側の景観

遠くに見える妙義山
遠くに見える妙義山

展望の良い岩より南側の景観
展望の良い岩より南側の景観

展望の良い岩より南側の景観
展望の良い岩より南側の景観

九十九折の登山道
九十九折の登山道

急な下りが続く
急な下りが続く

更に尾根を進むと鞍部に出て、ここからが本格的な下山になります。最初は緩やかな下りで、檜林に入ると九十九折の急坂が続きます。しばらくそのまま下って行くと、水の音が聞こえてきて小川の辺に出ました。この日は川の水量が少なかったので石の上を渡れましたが、水量が多くなると渡るのが大変になりそうです。

【11:40】 林道
小川を渡り、対岸を少し上に登ると林道がありました。この林道を10分位下って行くと、登山口へ行くときに通った車道の橋へ出ました。

【11:55】 登山口へ無事帰還
ここから車道を200m位歩くと、登山口付近に駐車した車に戻る事が出来ました。この時点でも他に車は見当たりませし、車で戻っても大森橋付近の駐車スペースに車はありませんでした。

下り切った所にある小川
下り切った所にある小川

小川を渡ると林道に出る
小川を渡ると林道に出る

登山口付近の橋へ無事帰還
登山口付近の橋へ無事帰還

湯の沢トンネル手間から見た桧沢岳
湯の沢トンネル手間から見た桧沢岳

千歳屋の炭塩ラーメン
千歳屋の炭塩ラーメン

黒瀧山不動寺登拝口
黒瀧山不動寺登拝口

登山口を出たのが12時少し過ぎです。昼食は南牧村の中心街?にある千歳屋という食堂に寄りました。ここは炭を麺に練りこんだラーメンが有名な店です。いろいろなテレビ番組で取り上げられている店で、店内には数多くの芸能人の写真が飾られていました。そんな有名な店なので昼頃には満席になってしまうとの情報でしたが、この日は何故か私たちの前に1組居ただけで空いていました。炭塩ラーメンは白いスープと黒い麺が対照的でインパクトがあります。もちろん味も美味しかったです。

【13:20】 黒滝山不動寺
このお寺、実は2回目です。2007年に黒滝山へ登った時に寄っています。と言うよりも、黒滝山へはこの不動寺を通らなければ行けない所です。今回の目的はご朱印を頂く事です。でも残念な事に、ここのご朱印は紙に書いてあるものでした。参拝を済ませ、売店でご朱印に日付を入れてもらいお寺を後にし帰路に着きました。

不動寺山門
不動寺山門

不動寺本堂
不動寺本堂

【復路】 桧沢岳から下仁田ICまでの間には、道の駅が2ヶ所あります。黒滝山へ入る所にある「道の駅オアシスなんもく」と下仁田ICの手前にある「道の駅しもにた」です。道の駅には切符を販売している所が多く、息子がそれを集めている為寄る事が多くなっています。今回もこの2ヶ所の道の駅に寄り、下仁田ICから桐生へ戻りました。
【ひとこと】 この桧沢岳は400m強の標高差でしたが、歩行距離が意外と少ないので急登の連続となっています。登山道が分かり辛い所が多く、リボンを頼りに登らなくてはならない事から、上級者向けとして紹介されているガイドブックもあります。
登っている時に周りの景色は余り見えませんが、上に行けば何ヶ所か素晴らしい景観の場所はあります。それでもメジャーな山では無い様で、今回は登山者に1人も会いませんでした。登る前も下りた後も車を見かけなかったので、多分この日は私達2人しか登ってはいなかった様です。静かな山が好きだという方には、良い山だと思います。
投票してみませんか
百名山 好きな山アンケート」を開始しました。皆さんの好きな百名山を教えて下さい。
”日本百名山” と ”ぐんま百名山” を対象にアンケートを行っています。
是非とも好きな百名山へ投票をお願いします。 → 投 票
お祭り応援隊 彩好館
お祭り用品が、一点からでも大幅割引販売。
よさこい彩好館
よさこい衣装専門、厳選品を特価販売。
粋な伝統 和好
彩好館の商品を楽天市場でお買い物。

戻る

山好きな神楽師のTopページへ
山好きな神楽師のTopページへ

このページのトップへ▲