富士山

山 名 富士山(9合目で撤退)
標 高 3776m(約3550m)
山 域 南関東(山梨・静岡県)
地図表示
Google Map 2DルートMap 3DルートMap
日 程 2001年8月19日(日)〜20日(月)
天 気 @曇りのち晴れ A晴れ
メンバー 神楽師、妻、息子
標高差 1250m(累計標高差:1310m)
歩行距離 11.1Km
歩行時間 8時間20分
駐車場 無料
 シャトルバス \1,700
   
一般道距離 往路:84Km 帰路:84Km
高速道距離 往路:100Km 帰路:100Km
高速道料金 往路:\3,000 帰路:\3,000
行程 自宅(6:00)→東松山I・C→入間I・C→八王子I・C→河口湖I・C→(9:00)駐車場(9:20)→シャトルバス→(10:20)河口湖口五合目(11:10)→(11:40)六合目→(12:50)七合目→(15:00)八合目→(16:20)富士山ホテル泊(3:00)→(3:50)九合目で断念→(4:30)富士山ホテル(8:00)→(10:20)河口湖口五合目(11:30)→(12:30)駐車場→河口湖I・C→八王子I・C→入間I・C→東松山I・C→(18:00)自宅

【往路】 関越道から八王子を経由して中央道に入り富士山に向います。大月JCTを過ぎ、河口湖方面に向ったあたりから雨が降り始めてきました。この時期は河口湖口五合目まではマイカー規制がある為、富士北麓公園の駐車場に車を止めシャトルバスで五合目へ向います。この時点では雨は止んできました。

五合目
河口湖口五合目

【10:20】 河口湖口五合目到着
一気にバスで標高2305mの五合目へ。
富士山シーズンの終盤とはいえ、やはり日曜日の五合目は登山者と観光客で混雑しています。
標高に体を慣らすため、早めの昼食をとりながら1時間ほど五合目にいる事にしました。

【11:10】 登山開始
歩き始めてしばらくの間は、平坦かやや下り坂が続きます。泉ヶ滝分岐で吉田口と合流する地点から登りが始まります。

【12:50】 七合目(2700m)
日の出館で一休み。この登山道は道は単調ですが、各合目に山小屋があり目標になるので初心者には登りやすいです。

いざ、富士山へ
いざ、富士山へ

六合目
七合目手前より上

七合目
七合目で一休み

3000m
海抜3000mでーす!

【14:30】 海抜3000m
3000m地点に標識がありました。1ヶ月前に登った乗鞍岳とほぼ同じ高さです。高山病の症状は、まだ出ていません。
八合目を過ぎた頃から、雲が切れ周りが見渡せるようになりました。綺麗な雲海です。この辺からは、溶岩の岩場が続ききつくなってきます。

【16:20】 山小屋到着
疲れもピークを迎え、足を上げるのがやっとになってきた頃、本日の宿泊場所富士山ホテルに到着しました。

八合目付近
本八合目付近より下

富士山ホテル
富士山ホテル到着

今回は日・月の登山だったせいか、山小屋の布団は1人1枚確保できました。普通ならば、2人で1枚という話を聞いていたので助かりました。夕食はレトルトカレー1皿と水1杯です。

【19:00】 夕食後、外に出てみると見事な夕焼けを見ることが出来ました。雲海と上層の雲に挟まれた夕焼けに、言葉も出ませんでした。

朝が早いので布団に入り寝ようと思ったのですが、慣れない山小屋と周りのイビキの為なかなか眠れない!
特に息子は駄目だったらしい。

夕焼け
夕焼けが綺麗だなー


朝焼け
御来光直前の朝焼け

【3:00】 山小屋出発
御来光目指して出発。
登り始めて少したった頃、息子の様子がおかしい・・・足が前に進まない・・・そうです、高山病になってしまった様です。寝不足のせいもあり、頭が痛いそうです。妻も何となく頭が重いということで、九合目付近で無念の撤退を決めました。
山小屋に戻る頃には空も明るくなり始め、ご来光を待つことにしました。

【5:00】 御来光
何とも言えない幻想的な光景でした。太陽が始めて顔を覗かせたのは雲の間で、左写真の様に完全に出たのは【5:20】頃でした。
少し布団で休んだ後、朝食(ご飯とレトルト肉)を食べ下山準備に入ります。

御来光
御来光

下山道
元気の無い下山です

【8:00】 下山開始
砂の単調なジグザグ道を下山します。山頂に立てればまた気分も違ってくるのでしょうが、何とも気の重い元気の無い下山で、長ーーーく感じました。

【10:20】 河口湖口五合目到着
やっとの思いで戻ってきました。
ここまで降りれば息子の高山病もすっかり治っています。
ここで少し休み、お土産を買い、シャトルバスで下りました。

八ヶ岳
八ヶ岳

帰還
無念の帰還

【帰路】 河口湖近辺で昼食をとり、来た時と同じ中央道から関越道を通り自宅へと戻りました。

【ひとこと】 高山の怖さを知りました。思い返してみると、私自身も何となく頭が重く高山病になりかけていたのではないかと思います。登山計画に何か無理があったのか、山小屋での寝不足の影響か、原因はいろいろ考えられますが必ず再チャレンジし成功させたいと思います。

投票してみませんか
百名山 好きな山アンケート」を開始しました。皆さんの好きな百名山を教えて下さい。
”日本百名山” と ”ぐんま百名山” を対象にアンケートを行っています。
是非とも好きな百名山へ投票をお願いします。 → 投 票
お祭り応援隊 彩好館
お祭り用品が、一点からでも大幅割引販売。
よさこい彩好館
よさこい衣装専門、厳選品を特価販売。
粋な伝統 和好
彩好館の商品を楽天市場でお買い物。

戻る

山好きな神楽師のTopページへ
山好きな神楽師のTopページへ

富士登山
一覧へ

このページのトップへ▲